美白化粧品対策の基礎知識

美白化粧品 > 美白化粧品対策の基本!日焼け止めの選び方

美白化粧品対策の基本!日焼け止めの選び方

シミを防ぐために重要なのが、日焼け止めです。 日焼け止めでしっかり対策を取ることができれば、シミができる可能性を抑えることができるんです。 しかし、日焼け止めはとにかく強いものを塗ればいいと思い込んでいませんか?夏場になると薬局などに日焼け止めコーナーができますが、たくさん種類があってどれを選べばいいのかわからないという人もいるでしょう。
紫外線対策と美白成分

確かに効果が強いものを選べばシミ対策効果も強いのですが、成分が強い日焼け止めは肌への負担も大きいです。 ちょっと近くのコンビニに行って帰ってくるだけなのに、強い日焼け止めを塗ったりするのはおすすめできません。

あまり強いものばかりを使ってしまうと肌の乾燥や様々な肌トラブルに繋がってしまうので、外出時間に合ったものを選択し、帰宅したらすぐに洗い流すように心がけましょう。 では、どういったものが自分に合っているのかというと、SPFとPAという数値を基準にしながら選ぶことになります。

SPFとは、紫外線を浴びて肌が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばせるかという数値です。 例えば、20分で肌が赤くなってしまう人がSPF10の日焼け止めを使った場合、200分の間は日焼け止め効果が期待できるということです。 これだけあれば、ちょっとした外出くらいならカバーすることができますよね。

次に、PAとは、肌が日焼けして黒くなるのを防ぐまでの時間をどれくらいまで伸ばせるかという数値です。 PA+からPA+++になるにつれて効果は高くなります。 SPF50、PA+++のような強い日焼け止めが必要になるのは、一日中炎天下で過ごす人くらいです。 夏場の外出だったとしても、SPFは25、PA++程度で十分なので、強すぎるものは避けましょう。

それと、日焼け止めは多めに塗ることが大切です。 ベタつくのがいやで少量塗っている人もいますが、これでは十分な効果が得られません。 肌全体に均一に塗るように心がけ、汗をかいたら塗り直すようにしましょう。


シミを防ぐための紫外線対策

シミを防ぐためには、しっかり紫外線対策をすることが大切です。 しかし、紫外線対策といえば夏場だけ行えばいいと思っている人が多いですよね。 確かに日差しの強い夏場は紫外線量が多いのですが、紫外線は一年を通して降り注いでいるものなんです。 そのため、しっかり紫外線対策をしたいと思っているのであれば、一年を通して対策を続けていくようにしましょう。

中には紫外線対策ができているつもりでもできていない人がいます。 例えば、使用する日焼け止めの選び方を間違えたりしていないでしょうか。 日焼け止めにはたくさんの種類がありますが、正しいもの選ばなければ効果がありません。

日焼け止めにはSPFやPAといった数値が書かれていますが、これが高ければ高いほど効果は高くなります。 しかし、肌への負担も大きくなってしまうので、外出時間に合わせて選ぶことが重要です。

また、朝に日焼け止めを塗ったらそれでおわりという人もいますが、暑い季節は汗で流れてしまうため、何度か塗り直す必要があります。 また、日焼け止めを塗るだけでなく、日傘や帽子も活用していくのが理想的ですね。 外を歩く際にはできるだけ日陰を歩くようにするのも立派な紫外線対策です。

紫外線があまり強くない季節な強い日焼け止めを使う必要はありませんが、基本的な対策は取っておきましょう。 どの季節でも手軽に行うことができる紫外線対策としておすすめしたいのが、UVケア効果があるファンデーションを使うということです。

ファンデーションであればただ塗るだけでいいので簡単ですよね 秋などのあまり紫外線が強くない季節であれば十分効果を感じられます。 それから、紫外線に注意すればいいのは屋外だけではありません。 実は床などに反射した光が室内に入り、それが顔にあたってシミの原因になってしまうことは少なくないんです。

外で仕事をしているわけではないからあまり気にする必要はないと考えるのは間違いですね。 車での移動中も紫外線を浴びやすいので注意しましょう。